新型コロナウイルスについての対応要望書

新型コロナウイルスについて、国から春休み開始日までの臨時休校を要望する考えが表明されました。これを受けて厚木市は3月4日~24日までを休校としました。また卒業式も卒業生のみとのことです。感染の拡大を防ぐためのやむを得ない措置とは理解しますが、子ども達の生活の背景を配慮すること無しには済まされません。神奈川ネットから自治体宛に以下の対応要望書を届けました。自治体の特徴を主体的に判断し対応を望みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020年2月28日
神奈川県知事
神奈川県教育委員会
県内市町自治体首長
県内市教育委員会

新型コロナウィルス感染拡大について早急かつ慎重な対応要望書

新型コロナウィルス対策では、日々状況が変わるなかでの対応に敬意申し上げます。

2月初旬から徐々に拡大してきた新型コロナウィルス感染が、2月中旬から感染経路を確認することができず、拡大期へと移行しています。しかし、感染の状況報告は報道される程度であり、先の見通しも不透明で市民生活の不安を更に煽っていると言わざるを得ません。

そのような中で、国は全学校の休校要請に至りました。児童の健康を案じることはもちろんですが、どのくらい感染が拡大しているのかの納得できるエビデンスも示さないままでの要請に多くの市民の不安は増大しています。学校が休校になれば、仕事を休まざるを得ない家庭もあり、生計の維持についての不安が募ります。

地方分権のなかで、国の要請に対し、神奈川県、また各市町自治体として対応・対策が求められます。以下についての検討を早急に要望致します。

・休校についての判断や期間は、設置者である各自治体での判断を尊重する
・公立学校の3月以降の休校についての、児童・生徒の不安の払拭のため、適宜情報提供
・留守家庭児童の安全な居場所として学校施設が有効である場合は、大人数にならないような適切な環境に配慮した上で、学校施設の利用を進める
・有給休暇のない特に非正規労働者、パート、アルバイトなど市民への休業保障の検討
・感染拡大による事業収入減のための雇止め防止の要請

神奈川県・市町自治体から、国への協力も要請しながら、早急かつ慎重な対応を要望します。

神奈川ネットワーク運動
〒231-0006
神奈川県横浜市中区南仲通4-40 南山ビル2階
Tel:045-651-2011 Fax:045-651-2081