何よりも子どもの命を第一に

2018年10月28日 22時53分 | カテゴリー: 活動報告

 NPO法人チャイルドファーストジャパンの研修会に参加しました。目黒でおこった、悲しい事件です。国が設置している社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門員会から「子ども虐待による死亡事例等の検証に関する結果等について」が発表されました。その報告書と報道発表をおいかけながら、結愛ちゃん事件を振り返えりました。

 行政、医療、警察、検察と多くの関係機関がかかわっていながら亡くなってしまった子どもの命。こうした事件を聞くと、私たち市民に何ができるのだろうかと考えさせられます。たくさんの大人が関わって、それぞれの事情が重なり合って、大切な子どもの命が失われたことは事実です。子どもはもちろんのこと、加害親たちへのこうなる前の支援はどうだったのでしょうか。

 厚木市でも悲しい事件が続きました。検証はその都度、必要に応じて行われるようですが、子どもの悲しい事件は後を絶ちません。検証することが目的ではなく、本当に二度と同じような事件が繰り返されないよう、原因の究明と支援体制の強化が必要だと感じました。