電力自由化〜急がないで、選ぼう

2016年3月22日 09時13分 | カテゴリー: 活動報告

 

858 859 860電力自由化に向けた、学習会とワークショップに参加しました。チェルノブイリから30年、フクシマから5年が経ち世界のエネルギーは自然エネルギーの拡大へと加速化しているそうです。日本のエネルギー計画では、ベースロード電源を原発や化石燃料から積み上げるのに対して、世界の動きは自然エネルギーから積み上げ、地域分散型にすることで地域経済も回していくという形です。資源の少ない日本にとって、化石燃料に依存することは、経済も外へ出ていくことになり、大規模発電から地域で地産地消できるエネルギーへとシフトチェンジが必要です。4月1日から電力自由化となりますが、目先の安さや利便性にとらわれず、持続可能な循環型社会を作っていくためにも自然エネルギーをもっと増やしていく活動につなげます。

また、ワークショップでは、我が家のエネルギーの使用状況を書き出し、年間、5年、10年だとどれ位になるのか、また、使用している電化製品がどれ位の電力量が必要なのか参加者同士で比べながら意見交換をしました。家庭によって生活スタイルは違うとはいえ、他と比べることでもっと節約できるところもみえてきました。自然エネルギーへのシフトチェンジと共に、省エネ、節電の必要性を改めて感じました。