厚木ネット総会・講演「地域コミュニティーとしてのWEショップ」

2015年3月8日 18時32分 | カテゴリー: 活動報告

厚木ネットの総会が開催されました。今年は統一地方選挙の後7月に市議会議員選挙があり、活動方針には現実的な緊張があります。日常の活動の延長として選挙をとらえ、生活に根ざした活動の一層の充実が重要だと再確認しました。議席の複数化に向けて活動していきます。

 

総会の後は「地域コミュニティとしてのWEショップ」と題して、NPO法人WE21ジャパン厚木代表の小川秀代さんからお話を伺いました。リサイクルショップとして現在神奈川県内に56店舗にまで増えている最初の店が厚木からのスタートだったことや、ボランティアの方やこれから社会に出る若者の活動の場になっている事を伝えていただきました。参加者からはボランティアに頼る運営の在り方はどうなのか?との質問もでましたが、セカンドライフとしてのボランティアの在り方や、多様な人の居場所としての存在はこれから高齢化が一層進む社会構造においては不可欠のものです。WEのボランティアには80歳を超える方も参加があり、そんな方が10歳代の若者と同じ場所で時間を過ごす意味は大きいと思われます。経済優先の情勢からは少し距離のある活動ですが、「誰かのためになる」ことを継続していくのは、多様な支援の在り方の結果であり、このような動きこそが後に社会を変えていく力の一つになるはずです。

地域から生み出されたうねりを小さくするのも大きくするのも市民の力です。WE16年の活動、厚木ネットの28年の活動、共に市民の理解と協力、参加の賜物です。

 WE21ジャパン厚木→ http://www.weatugi.com/