復興支援祭り~雨と風の中で

2014年12月1日 01時53分 | カテゴリー: 活動報告

1129日に開催された復興支援祭りに、厚木ネットは2台のソーラークッカーを持ち込みました。朝は空も明るく天候に期待が持てましたが、お祭りの始まりの頃から雨が強くなり、前線の通過と共に雨と北風に煽られることになりました。

 ソーラークッカーのデモンストレーションとキットの体験などを準備していましたが、早々に片付けざるを得ない状況になったのは残念でした。余りの寒さと雨による足からの冷えに、思わずため息が出たのですが、そもそもこの復興支援祭りは2011年の東北大震災の復興の支援を目的に始まったのです。メンバーの一人が「あの時の東北の実情はこんなもんじゃなかったのよね」の一言に緊張感が戻りました。出店者の中にはエネルギーのテーマを掲げているグループもあり多様な形での取り組みが見えました。私たちのソーラークッカー展示も自然エネルギーの利用のアピールを目的としたものです。

 災害から38か月が経過し、復興の言葉を耳にすることが以前より少なくなってきたと感じる中で、遠い被災地に思いを馳せることの必要性を再確認しました。冷たい雨と風に思いを新たに、遠くあっても共に生きる繋がりを長く持ち続けていきたいと感じました。