厚木の子ども子育て会議が始まりました

2013年10月9日 23時55分 | カテゴリー: 活動報告

第1回厚木版「子ども子育て会議」が開催され傍聴に行きました。委員からはそれぞれの立場からこれから変わろうとしていく制度についての不明点や不安感がありました。ニーズ調査は今月下旬にも始まり11月末には集計となる予定ですが、十分に詰められているとは思えず、学童保育についてはほんの少しの設問しかありません。これで十分なニーズの把握ができるか疑問です。また調査対象の約12,000人の半分に郵送し、60パーセントの回収率を目指すそうですが、達成には困難な目標だと担当者からの話には唖然としました。最初から困難な目標を掲げる必要はなく、どうしたら関心の持ってもらえるかの工夫をすべきでしょう。次回は11月の予定です。

今後は調査の後は現行の「子ども未来プラン」に代わる子どもの育成にかかわる計画の策定もあり、しっかりとした厚木の子育ての柱が出来るように議論を重ねてほしいです。今回傍聴には10席が用意されていましたが、6人ほどの傍聴者でした。子どもに関する大事な会議だよとまず市民に知らせることも大事ですが、これから始まるニーズ調査についても関心を持って回答してもらえるような広報が必要と考えます。