衆議院選挙に向けて

2012年12月8日 18時11分 | カテゴリー: 活動報告

 3年前政権交代を望みそれが現実のものとなった時、私たちは来るべき新たな未来に大きな期待を寄せていました。しかし現実ではそれほど簡単に事は進まず、様々な課題が浮き上がってきています。加えて昨年の大震災と原発の事故は、私たちの生活が脆弱なものの上に成り立っている事と、深刻な放射能汚染は世界的な問題であることを示しています。

今私たちは何をすべきでしょうか。

現政権において課題はあるものの、子育て支援政策やNPOの税制改革、就労支援政策等はようやく一歩進んだ感があり、この部分は評価しています。

しかし、脱原発についてはしっかりとしたエネルギー政策のもとにその方針を早期に明確にすべきです。

極端なナショナリズムや経済面だけを優先した政策では、ますます市民は取り残されていき、政治そのものへの期待は薄れていきます。市民の生活そのものを活かすために今ある選択を最大限に生かしたいと考えます。市民が繋がれる社会をめざしていきます。

 

今回の衆議員選挙において私たち厚木ネットは、神奈川16区において、小選挙区では後藤祐一さん(民主党)を支持いたします。

また、比例区においては、日本未来の党を支持いたします。