原発ゼロの日

2012年5月6日 12時45分 | カテゴリー: 活動報告

さよなら原発アクションにて

「あつぎ脱原発!実行委員会」の活動として「さよなら原発アクション」に参加してきました。5月5日に国内稼働原発がゼロになることは42年ぶりの事。これは事実です。

昨年の事故以来、賛否合わせてこれほどまでに原発への関心が高まった事はありません。そんな中で私たちは今以上に将来へ現在の環境を伝えていくことがどれほど難しい事か実感しました。地球温暖化防止対策の有力な手段として推進されてきた原発のさらけ出されたグロテスクな現実の姿に、いつまでもすがっていく事はできません。立地現地での安全問題、雇用問題、経済の課題等問題があることは承知の上で、何より最終処分の方法が確立されていない事への不安と危惧がもっとアピールされるべきです。

全てが停止した今、何が変わってきましたか。私たちの生活は今のところ変化はありません。これから夏に向けて、昨年以上の節電が求められる可能性がありますが、この1年間に感じた不安、恐れ、得た情報をこれからどう生かしていくか、問われることにもなります。

「こどもの日」の5月5日が、将来を託す(まだ見ぬ)子どもたちへの私たちの決心の日となるべく、これから行動していきましょう。