陳情が不採択・・・・

2012年3月9日 11時05分 | カテゴリー: 活動報告

3月7日(水)に環境教育常任委員会が開かれました。

原子力発電に依存しないエネルギー政策に向けた
(仮称)「厚木市省エネルギー・再生可能エネルギー推進条例」の制定を求める陳情が審議されました。残念ながら不採択になりました。

 2306人の陳情署名に対して、ほとんど議論にならなかったことが残念です。厚木市では、福島の原発事故の影響を受けて、節電に取り組むと同時に、昨年8月には再生可能エネルギー導入委員会を設置し産官学が協働して市内で可能な再生可能エネルギーについて検討を始めました。厚木市の取組みをさらに後押しするためにも条例は必要です。私たちも原発の事故を経験し、原子力発電に依存し続ける生活を見直す機会になったはずです。国の方向性を待つのではなく、ここ厚木から安心、安全に使えるエネルギー政策への転換を発信していくことが必要です。