市民発の事業

2010年6月25日 18時34分 | カテゴリー: 活動報告

障害児の余暇活動・トランポリン

内川由喜子さん
内川由喜子さん
市民発の事業 〜障害児の余暇活動・トランポリン〜
週に一度、市内の施設で障害児たちがトランポリンを楽しんでいます。これは戸室在住の内川由喜子さんが中心になり、障害を持つお母さんたちが事業化したものです。
楽しく飛び跳ねて、バランス感覚を養ったりする事に有用だと言われています。当時は、障害児の親が運営する初めてのレスパイト事業でもありました。
以来10年、トランポリンは児童デイサービスの療育にも取り入れられ、多くの障害児が参加するようになっています。
行政のサービスに頼るだけでなく、足りないサービスは市民発で作ってしまおうという市民の輪が広がることで、地域福祉は豊かになります。
内川由紀子さんの次なる夢は、グループホームを作る事!その夢が実現する日も遠くはありません。