あつぎネットサロンの参加者の感想は・・・

2008年6月20日 16時33分 | カテゴリー: 活動報告

「メタボの本当の意味〜私たちは化学物質の塊」

9/10(水)東京工芸大学 工学部 ナノ化学科の教授で、薬学博士でもある、高橋圭子さんをゲストスピーカーにお迎えして、
「メタボの本当の意味」をテーマにお話を伺いました。

最近子供から「メタボちゃん」なんて言われるようになり、ダイエットを本気で考えていた私は、脂肪1キロを燃焼させるのに、1600リットルもの二酸化炭素を出してしまう話に、地球温暖化のことが気になり、ドキドキしながら話に夢中になってしまいました。
二酸化炭素を利用している植物、貝殻などの多くの生物がいることで、結局はバランスという話に安心しましたが、「メタボリズム」(代謝)の話では、化学的な視点でのダイエットの話が聞けて「健康」について、今までの考えとは別な角度から考えることができました。

食品添加物、サプリメント、毒(殺虫剤やメタミドボス)、農薬
医薬品、化粧品など、私たちの生活には化学物質があわれています。天然の物質も化学物質で、私たちの生活には化学物質は欠かせないものになっています。
共存するためには、やはりバランスが大切なのだということを感じました。
                         (小野 利美)