目標 政権交代!

2005年9月3日 01時05分 | カテゴリー: 活動報告

 厚木市民自治をめざす会(厚木ネット)は、ローカル・パーティー(地域政党)神奈川ネットワーク運動の厚木の組織として、18年前より市民参加で地域から政治を変える運動をしてきました。私たちの実践は厚木市内の多くのNPOや市民事業の立ち上げにつながり、市民自治の領域が少しずつ広がってきました。
 ローカル・パーティーである私たちは国会には議員を出しません。しかし、市民自治と本当の改革をめざす政治団体として、今回の衆議院選挙では、日本の国政にとって今一番必要なことを実現させることを目標としました。それは、政権交代に他なりません。
 自民党は郵政民営化を争点にすることによって、私たちにとってずっと大切な社会保障、憲法問題、安全保障、環境、地方分権などの課題をなおざりにしてきました。
 先進国の中で、同じ政党が50年も60年も政権に就いている国は日本だけです。民主的な先進国ではどこでも政権が交代し合うことによって、改革が実現してきました。いつまでも同じ政党が政権に就いていれば、政・官・業の癒着を断ち切ることが出来ず、”構造改革”など出来るはずはありません。
 従って、私たちは日本の国政の健全化のために政権交代をめざし、今回、最も政権交代の可能性のある民主党を応援し、神奈川16区の長田ひでとも氏を推薦することと致しました。小泉首相の”演出”や市民の視点に立っていないマスコミ報道に惑わされない「政策」で判断する選挙を私たちは広めていきます。